2012年07月31日

アニメ感想(7/23〜7/29)

ソードアート・オンライン・・・ネトゲサバイバルものでもハーレム化するというのはやはりラノベの宿命からは逃れられないのか・・・!でもこの作品は出てくるヒロイン一人一人にかなり力入っててそういうところでも抜かりないから人気でるのも思わず納得だなあ。シリカは妹って感じはあんまりしなかった。

宇宙兄弟・・・なんだかんだでどの班もいい方向に向かいそうな雰囲気は出てる。ここからが本当の見せ場なのかも。六太もケンジもそれぞれのいいところで班を引っ張って行ってるところは王道なのかもな。

エリアの騎士・・・今回は蹴学というよりも鎌学のキャラを見せる方向になってただけにどうしても祐介が気になってしまうなあ。駆達友達三人組の活躍って意味で。

機動戦士ガンダムAGE・・・ジラードの話は地球連邦側の事情を見せるのはうまく機能してたけど話自体はちょっとお粗末だったな。まあでも確かにこういう敵キャラは一人は欲しいものだ。期待がマッドーナ製だっていうのも燃える。

境界線上のホライゾンU・・・今回は特に光ってたけどこの作品のギャグは地味に笑える。点蔵本当にメインキャラだな。そのために小野Dというか相乗効果みたいになってるのもいい。そしてかっこ良く見えてきた。


posted by トウカ at 21:14| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

2012年春期アニメ総評

遅ればせながら。特に理由はないんですがズルズルといってしまいました。

今期は不作だったというわけではないんですが絞ったら純粋な新作は5本ぐらいしか見てなかった。まあそれらがすべて佳作以上なんで問題ないんですけどその中でのランキングです。

では

1位坂道のアポロン
2位宇宙兄弟
3位さんかれあ
4位エウレカセブンAO
5位アクセル・ワールド

とランキングはこんな感じです。ランクをつけるとすればアポロンがS、2位〜4位がA、アクセルがBってところですかね〜。

個別総評としては
1位のアポロンは青春モノとしての文句なしの完成度だったので。ジャズ要素も過不足なく入ってたし、ストーリーのヒキもなかなか。キャラも全キャラにちゃんと見せ場があって、作品としても引きこまれた。まああえていえばオチがちょっと弱かったかなというのはあるけどそういう作品でもない気がした。個人的に好きなキャラは声優的にも意外性のあった千太郎かな。

2位の宇宙兄弟はこういう作品を楽しめるようになった自分変わったなとも思ったけどそれは評価じゃないので置いといて、キャラやそのやりとりもきちんと人間臭くてその上話も引き込まれたし、宇宙飛行士ものはあんまり見たことがなかったので新鮮だった。日々人は物語的にもそうなんだろうけど常に気になるキャラだったなあ。

3位のさんかれあは基本的には萌え日常なんだけど他にはない話的な起伏があった。親父とかもキャラが際立ってたし、主人公も嫌味がない熱血で良かった。萌え方面でもれあと萌路でぬかりなしでちょっとあざといキャラになりかけたわんこも終盤ちょっと泥臭い面が見れて持ち直した。ぶつ切りで終わったので二期期待の作品だなこれは。

4位のエウレカは前作と比べて起伏やインパクトは弱いけどそれは逆にシンプルで見やすいという風にも取れてこれはこれで楽しい。まあ現在は三人組はほぼ崩壊してるようなものだけどその中でフレアちゃんが一人気を吐いてるのもいい。そして大人達が相変わらずいい味出してるというのもある。

5位のアクセルは中盤でちょっとダレかけたけど前半のVSタクム戦があとから振り返っても山場ということになりそう。キャラとしてはユニちゃんが普通にツンデレちゃったのでやっぱりタクムかなあ。


全体としてはこの五本が最初から最後まで安定してて結果的にはなかなか良かったかもしれない。最近はわりと青年誌的なアニメが好きっていう傾向が見れたかな。

来期はすでに始まってるけどまあぼちぼち見てます。前期の続きが結構多いので見るアニメは増えたけどゲームも一段落付いたし今期はじっくり見ることにします。


posted by トウカ at 17:46| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

週刊少年ジャンプ34号感想

NARUTO・・・映画前編の方はヒナタ巨乳ネタという誰もが思いつくシチュエーションをここまで効果的に使ってくるとは・・・!みんなでワイワイやるのも今となってはもう見れないかもしれないな・・・。本編はトビのこの中途半端な作戦が敗因になるのかな。

黒子のバスケ・・・洛山に残りの無冠の五将がいるってなんか一気が底が見えたというか・・・。設定的には出来る限りのことをしたんだろうけど逆に最後の一人が重要な展開だったりして。バッシュ買いに行く話は青峰の丸くなりっぷりが泣ける。

BLEACH・・・滅却師の技って普通に特殊能力っぽいんだけど石田の技見てると死神みたいに特別な意味付けされてない技っぽいしここから説明があるんだろうか。白哉が恐怖を感じるって展開もありそうでなかったからなあ。

家庭教師ヒットマンリボーン・・・奇襲メンバーの中にバジル君がいたのが無感量というか何気に全員を活かす戦いになるかもという期待が持てるな。ここで本格的にチーム戦というのも熱いかも。

銀魂・・・なんか新八見せ場すぎて成長がここで終わりそうな・・・。ベタながらも尾美一の先が見えないのも盛り上がってる要因かな。


posted by トウカ at 18:26| Comment(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。