2013年07月13日

2013年春アニメ総評

今期の見たアニメの総評とランキングです。今回はトップ3まで


1位とある科学の超電磁砲S
2位進撃の巨人
3位ムシブギョー


今期は見るのが少なかったので他のジャンルの番組も開拓してたけど、残ったやつはさすがにAランクかそれ以上のアニメだけだったな。


超電磁砲Sはまあたまーに作画崩れることもあるけど、力入れるところは演出も神がかってて本当にバトルに力入れてるのがありありと分かる。今回は今のところ原作通りだしけっこうこれに賭けてるのかも。個人的にはフレンダより麦野姐さんのほうが好き。原子崩しはロマン。

進撃の巨人は出オチ的なものあるし、ヒキで勝負する作品っていう印象だけど、わりと設定が細かいしそれだけでは終わらないものがあるから、人気も継続してるんだろうな。雰囲気が暗すぎるのが個人的にちょっとマイナスかな。エレン巨人化でさらに話が奥深くなったのはいいところ。

ムシブギョーは時代劇ものアニメなんだけど、そういうアニメの中でははじめて面白いと思えた。まあ時代劇もの原型はほとんど残してないバトルアニメだけど、個人的には仁兵衛の純粋で真っ直ぐなキャラが好きで見続けてる感じかな。ここまで潔いキャラはなかなか描けないと思う。


今期はまあ正直不作だったけど、見てるの全部継続だし宇宙兄弟、ちはやもあったし個人的には満足。来期は原作ものが割と見るのが多そう。今期オリジナルが多かった反動かな。今のところわたもての歌が面白い。


posted by トウカ at 22:10| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。